葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は水溶性のビタミンなので、体内に蓄積さ

葉酸は水溶性のビタミンなので、体内に蓄積されにくく、毎日少しずつ摂らなければなりません。

ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、先天性の障害などを防ぐため、妊娠初期は葉酸をしっかり摂らなければならないので毎日意識して摂っていかないとすぐ葉酸不足になってしまうのです。

葉酸を摂るためのサプリメントなどの開始時期は、なるべく、妊娠に気づいたらすぐ服用を始めるのが一番良いとされます。

さらに、妊娠を望む女性は意識して摂っていくべきという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。

昨今の日本では、妊活がスムーズにいかないという夫婦も少なくないでしょう。

以前から、少子高齢化だと叫ばれていますが、赤ちゃんを産みたくても上手くいかなくて悩まされているご夫婦は増えつつあります。

今以上に日本が一丸となって、安心して子供を作り、そして育てることのできるような国に変化していくことが望まれます。

妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。

妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加をサポートする効果があるのです。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事をすすめてみてください。

葉酸はビタミンB群で、水溶性であり吸収率が空腹時に高まることとなり効果的に葉酸を摂りたいと思ったら、タイミングとしては胃に何も入っていない食間なのです。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、上手に分けて摂った方が身体に対して良い効果があるとされています。

時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。