読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠しやすくなるために、心がけるべきなのが良質な睡眠

妊娠しやすくなるために、心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。

人間というものは寝不足の状態が続くと、体の中で活性酸素が作られてそのことが影響し、卵子精子が酸化されて劣化することになります。

年齢が上がるにつれ、衰えていく性機能を少しでもキープするため、妊活中の人は睡眠不足をさけるようにしましょう。

生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していくことが大事な栄養素です。

数え切れないくらいのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、購入時に気をつけなくてはならないのは葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。

妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいので不要な添加物や香料が入っていない身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。

葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身の血液循環をよくすることはかなり知られています。

末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛、肩こり、冷え性不妊なども血液循環が原因とされているので、もしそうした症状にお悩みなら葉酸を多めに摂るようにしてみると症状の改善につながるのではないでしょうか。

また、ビタミンEを同時に摂ると相乗効果が期待できると覚えておいてください。

なかなか妊娠に繋がらないと、心も体も疲弊していきます。

ストレスというものは生殖機能に悪い影響を及ぼすのでずっと続けていると悪循環になってしまうかもしれません。

なので、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

事実、止めてから自然と妊娠できたという人は少なくありません。

ご自身の年齢や、医師と相談の上、一度休んでみることも考慮してはいかかでしょう。

いわゆる不妊症の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側要因と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性のほうに起因するものが挙げられると思います。

ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。

両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。

両親ともに受診して検査を受けると解決への糸口となるでしょう。