葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直

お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後からサプリで葉酸を摂るようになったのです。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと妊娠判定の席で言われたのですが、では、いつまで飲めば良いのかとは誰からも言われませんでしたね。

1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントを飲むのは止めました。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、葉酸サプリをまた飲むようになったのです。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。

なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため変化がストレスとなって感じられ自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。

妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで起こるとされていますが、ストレスによる自律神経の不調が原因となるものでもあるようです。

ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整えるために役立っており、副次的につわりの軽減も果たせるのです。

葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので空腹時に最も吸収されやすいため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食間が一番良いとされています。

一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより何時間かおいて、分けて摂る方が効果を発揮できるといわれています。

一日の中でいつが一番良いかというと、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。

データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。

冷えは妊活には禁物で、冷え性の改善ということも妊活で大切なことです。

そういうわけで、腹巻や冷え取り靴下といったものが冷え防止に役立ちます。

実際に、このようなものを使ってから、自然に妊娠したという報告も多く、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと言ってよいと思います。