読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティータンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。

こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。

ですから妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。

特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという話もありますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、摂取量に気を付けてください。

中でもサプリは食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。

妊娠中の女性がしっかり摂らなければならない栄養素が葉酸ですが、過剰摂取に気をつけないと思わぬ副作用があります。

食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によって全身のあちこちに副作用が起き、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

赤ちゃんと自分のためだと言っても摂りすぎの害も深刻なのでサプリメントにも標準摂取量が示されていますから、それを厳守しましょう。

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。

初めは静観していましたが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」ときっぱり言われたのです。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。

飲んでしばらくしてから、お酒が翌日以降も残ることがなくなって、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。

とりわけ妊婦の場合、胎児の順調な発育のためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。

「葉」の「酸」なので、野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが意外な供給源は果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないためどんな食材に多く含まれているかを知って、効率よく摂取することが大事です。