読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お子さんをほしがっているご夫婦に、

お子さんをほしがっているご夫婦に、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。

大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには葉酸が必要不可欠のため、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。

葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

これを野菜だけで摂取するのは難しいと思いますから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。

妊娠前もそうですが妊娠中も同じように出来る限り体にとって有害なものを排除していないといけません。

なので、禁煙してください。

タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、決して体に良くはないです。

現時点で喫煙をする人は禁煙のスタートも妊活に繋がるはずです。

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

胎児の健康を考えて、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に摂取した方が良いでしょう。