葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ありがたいことに、最近はかなり一般

ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。

赤ちゃんは生後間もない時期に、盛んに細胞分裂を進めながら外界に適応するべく成長するのです。

そこでは葉酸が大量に使われます。

さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしておりお母さんのためにも、赤ちゃんのためにも欠かせないため、妊娠前から授乳が終わるまで葉酸を毎日十分に摂っていければ最高です。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。

妊娠初期の神経質な時期には過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。

一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時にサプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか誰でも管理できるので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのは広く知られてきたことですが、それにとどまらず、妊娠している間はずっと赤ちゃんにも母体にも葉酸が重要な役割を果たしています。

葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。

このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで継続して摂っていくべきです。

ビタミンB群の一つである葉酸は、吸収率のピークが空腹時なので、葉酸を最も効率よく摂取できるのは食事と食事の間、食間が最も良いのです。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、可能な限り数回に分けて摂れば身体のためには良いのです。

身体の中で一番効くのはいつかというと、就寝前に摂ると、寝ている間に肝臓の血流が減少するため最もおすすめの時間帯です。

妊活を行っている時は普段以上に心がけたいことといえば、ストレスを避けることです。

ストレスがあると筋肉は緊張して、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。

そうなると当然、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。

もし、働く女性で強いストレスを感じていて、生活も不規則であるならば、思い切って休職の申請を出すことも考慮してみましょう。