葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

果物というよりも、野菜のような

果物というよりも、野菜のような使われ方をしているアボカドは実にクリーミーですが、ビタミンB群の一つ、葉酸が多く含まれる食材です。

健康を保つ上で葉酸は皆さんの予想以上に有用なものです。

鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、生まれる前の赤ちゃんに栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、生涯にわたって必要な栄養素です。

あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、絶対に成果が表れるものではありません。

そういうわけで、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、とてももったいないことだと感じます。

妊娠する確率はアップしているはずですから、そう深く考えないで、焦らずに継続してみましょう。

コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。

確かに例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、冷えが厳禁の妊活においては止めておいた方が良いのは間違いありません。

でも、コーヒー好きで控えると逆にイライラするという場合は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、過剰摂取にならない1日3杯程度までを飲んだ方が健康的だと言えます。

水溶性ビタミンとして知られる葉酸はすぐ水に溶け出してしまいます。

一度にどっと摂取しても小腸から吸収される以前に体外に尿と一緒に排出されることも多いのです。

このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと意識しながら摂っていかなくてはなりません。

毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、少しでも多く摂取するのはもちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。

摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸サプリメントで不足分を補給しても賢い方法だと言えます。