葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

特別に葉酸を添加した食品は特定保健用食

特別に葉酸を添加した食品は特定保健用食品であることをマークで示しています。

これが消費者庁の認可を受けたことを示しており、入念な個別審査をしてから食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。

この特定保健用食品のマークがあれば特定保健用食品として、一定の基準を満たしていることの明示になっており、同じ食品なら葉酸を添加したものがいいという場合は選択の目安として知っておくと便利です。

妊活というものは、赤ちゃんを授かるという命の仕組みを何とかしようというものなので当然、必ず結果がついてくるとは限りません。

なので、ギブアップする人も少なくありませんが、とてももったいないことだと感じます。

成功の可能性は高くなっていますのであまり重く考えず焦らずに継続してみましょう。

難しいことでもありますが、妊活中に、気にかけるべきなのはストレスへの対処です。

過度なストレスがかかると筋肉が緊張状態となり、全身の血液循環を悪くします。

結果として、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。

もしも働いている女性で、ストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、この際、休職してしまうことも考慮してみましょう。

葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。

ですので、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。

具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。

こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が簡単ですから、おススメです。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。

食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きが活性化します。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。