読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。

結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。

でも、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、やりきれない気分でした。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。

もっと早く来たかったですね。

子供を授かりやすくするための活動である妊活はどんな時に妊娠が成立するのかを分かった上で、出来る限りそれを利用してコントロールするものともいえます。

また、何よりも重要なのは、栄養であるということが分かると思います。

けれども、必要な栄養を完璧に摂るということはなかなかできるものではありません。

その様な時にはサプリメントがお勧めです。

近年、妊活向けのサプリメントというものも出現しています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、もし葉酸を摂るタイミングを選べるなら食間だというべきでしょう。

一日分の摂取量を一度に摂るよりも、可能な限り数回に分けて摂れば効果はあるとされます。

一日の中でいつが一番良いかというと、就寝前に摂ると、寝ている間に肝臓の血流が減少するため葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。

葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身に血液が良く行きわたるようにすることが従来から挙げられています。

血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛や肩こりの他、冷え性不妊の原因とも言われているので、そういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると改善されることもあるようです。

その際、ビタミンEの摂取も行うと相乗効果が期待できると覚えておいてください。

妊娠して、葉酸をたくさん摂らなければと思っている方が多いのではないでしょうか。

誰もが知りたいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

名前の通り、葉酸はほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

実はマンゴーにも豊富に含まれており、妊娠の診断を受けたのが夏だったため、産院のお医者さんにも食べることをすすめられました。

食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。