葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわ

葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。

私には関係ないと思っていましたが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と却下されました。

男性にもきっと良い効果があるのではないかと妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。

飲んでしばらくしてから、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎を起こすことが少なくなってきました。

妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。

ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それが葉酸の摂取です。

流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

葉酸は、妊娠したらたくさん摂らなくてはならないと焦っている方が増えているようです。

まず知っておいて欲しいのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。

名前が「葉」の「酸」なので、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、妊娠の診断を受けたのが夏だったため、お医者さんにも言われて、食べるようになりました。

食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。

これから妊娠したいと考えている女性にも、妊娠中の女性にも葉酸の摂取が必要です。

葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。

葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などに豊富に含まれています。

いろいろな種類のサプリメントもあるので野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方には上手に利用して欲しいですね。

不妊症から妊活を始めると、あまりにも長期戦となってきてしまうと精神的負担が大きくなりやすいです。

そこで何年と期間を設定したうえで、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうという話し合いをはじめに済ませておくのが最も上手くいくかもしれません。

期間を定めておくことによって、夫婦2人でよくよく考えて決めたことだから諦めないで頑張っていこうと前向きに思い続けることができます。