葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありま

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが適切な摂取方法だと言えます。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。

一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。

一日分の摂取量を一度に摂るよりも、可能な限り数回に分けて摂れば身体に対して良い効果があるとされています。

一日の中でいつが一番良いかというと、就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。

すると、自律神経が整い、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。

適度に体を動かすことは、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。

身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。

妊活中に黒豆茶を摂取することは、とても合理的なものだと言えます。

なぜかというと、黒豆茶はカフェインが入っていないので、妊活にも安心な飲み物ですし、黒豆茶に含有しているイソフラボンが妊活に必要な女性ホルモンに似た作用をするからなのです。

女性ホルモンは不足しがちな成分で、豊富に分泌されると体のバランスを整えてくれますから、欠かさずに温めた黒豆茶を飲みましょう。

葉酸は、特に妊娠初期に必要だというのは理解が進んできましたが、それだけでなく妊娠後期に入っても十分な量の葉酸が、母子にとってとても大事な栄養素なのです。

葉酸の摂取は、妊娠後期にも胎児のすこやかな発育を促すものであり、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。

そのため、妊娠初期を過ぎても、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって多めに摂ることを心がけて欲しいのです。