葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

食品の中でも、葉酸を強化したもの

食品の中でも、葉酸を強化したものには必ず特定保健用食品のマークがついています。

これが消費者庁の認可を受けたことを示しており、それぞれきちんと審査を行い、認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。

食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば一定の基準を満たし、認可を得ているという明らかな証明がされているため、葉酸を添加した食品を選びたいという方は判断の目安として役立つものです。

妊娠初期の胎児にとって非常に重要と、葉酸という栄養素は広く知られています。

葉酸を食材から摂ろうとすると、野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。

納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材です。

葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので毎日、少しずつでも継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。

イチゴは葉酸を豊富に含んだ食材なので、間食に取り入れて欲しいものです。

他のビタミンB群と同じく、葉酸もかなり水に溶けやすいので一度にどっと摂取しても体内に吸収されて、作用する前に尿とともに排出されることもあります。

このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと意識しながら摂っていかなくてはなりません。

毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく体内で消費されるようにしなければなりません。

大抵の場合、妊活と言いますと、実際に妊娠する女性ががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、夫婦ならば、妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。

そういうことで、男性の妊活として食事の改善について考えてみます。

男性の妊活に効果があると言われている栄養素には、亜鉛アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。

これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、妊活の成功率をよりアップさせましょう。

貧血を起こす要因と言えば、鉄分の摂取不足によると思うのが普通でしょうが、実は、貧血の原因は多様でどんな場合でも鉄分が足りないことが原因だとするのは間違いです。

ヘモグロビンの多い赤血球を増やすためには、鉄分と同時に葉酸を摂らなければならないため鉄分の摂取だけでは貧血の改善が見られないとき、葉酸の摂取も試してみると良質の赤血球が増えてくる可能性もあります。