葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

とはいえ、過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、規定量を必ず確認しましょう。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。

近年、少子化が進むにつれ、赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが日本の医療技術において、今のところ確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。

そのことはしっかりと理解していてそうは言ってもやはり挑戦してみたいという事であれば、以下に記述することをやってみてください。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。

妊娠中の女性にとって、葉酸の欠乏はお腹の中で胎児が順調に育たない可能性を高めます。

代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を引き起こすことがあって、これが重篤だと無脳症になるため流産や死産に至ります。

障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので妊娠初期のうちに葉酸をしっかり摂っていくことが必要です。

少しでも早く赤ちゃんを持ちたくて妊活をするのなら栄養は最も重要です。

太りすぎはいけませんがダイエットという考え方は一度忘れ、栄養摂取を確実に行うよう努めてください。

多少の間食も栄養のために食べると認識して食べ過ぎに気を付ければ、ストレスから解放されるためにも適しているでしょう。