葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活の最中は飲み物にも注意しましょ

妊活の最中は飲み物にも注意しましょう。

よく飲み物に含まれているカフェインですが、着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので妊活時の飲み物としては適していません。

お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつノンカフェインのものをおすすめします。

ミネラル豊富なルイボスティーや漢方にも使われるたんぽぽ茶などが適しています。

妊活とは何ぞや、というと、言葉のとおり、妊娠をするために行う活動全般のことを指していいます。

性交をしさえすれば、必ず妊娠するということはないわけで、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠しやすくするための対策であると言えます。

あわせて、授かる赤ちゃんが健康であるための数々の方法も含まれます。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、妊活の本や雑誌に葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、共通して書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。

一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。

妊娠と出産は、当然ながら夫婦の共同作業によってもたらされる結果です。

ということは、妊活において男性の協力はなくてはならないものだということです。

女性にしか出産はできませんので、一歩間違うと妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、男性の頑張りが足りなければ赤ちゃんを授かる可能性は低くなってしまうでしょう。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。

でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、自分はどうなのだろうと不安になりました。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の処方を受けると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。