葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取す

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離せない関係の二つです。

それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

言うまでもありませんが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのが良いでしょう。

特に、妊娠中の方であればいろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。

他のビタミンと同様、葉酸は葉物などの野菜に含まれることが多く、食材の中で特に多いのはほうれん草とか枝豆が挙げられます。

ほうれん草というと妊娠していれば、葉酸と一緒に摂りたい鉄分も豊富に含んでいることで知られておりぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。

赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないと言われていますが、過剰摂取に気をつけないと副作用に苦しめられることがあります。

吐き気や食欲不振、じんましんなどその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、時には子供にまで影響が及んでしまいます。

妊娠中は通常のほぼ倍の所要量を摂らなければならないのですが、くれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリや錠剤を使うなら、決められた摂取量を厳守しましょう。

妊娠中に葉酸が不足すると胎児に異常や障害が起こる原因となる心配があるのです。

ことに神経管閉鎖障害という異常を生じる可能性があり重い障害の例では無脳症となって、ほとんどは流産もしくは死産となります。

このような障害のリスクを下げるために、妊娠初期のうちに葉酸を十分に摂らなければなりません。

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。