葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

自明のことですが、妊娠や出産は、夫婦の協力

自明のことですが、妊娠や出産は、夫婦の協力による結果です。

ということは、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。

実際に出産をするのは女性ですから、ひょっとすると、妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、夫婦ともに協力しなければ妊活成功の可能性が落ちてしまうかもしれません。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、極力身体に良いことをするように努めました。

妊娠初期は身体の変化が大きいので、特に気をつけた方が良いと母も医師も異口同音に言っていました。

いろいろなサイトや雑誌をチェックすると、葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、葉酸サプリメントを買って飲み始めたのです。

ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、サプリは栄養補助食品で、薬とは違うので食事をとれないときも飲めて安心できました。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

妊娠に大切な葉酸は日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に蓄積するということはありません。

しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守ってください。

妊娠したことが明らかになれば栄養素の中でも、特に葉酸の摂取を心がけてください。

きちんと葉酸を摂ることで、胎児の発育が順調に進むようになりますし、母体の健康を助けるためにも必要になってくるビタミンです。

葉酸はどうしても、普段の食事だけではなかなか摂取できません。

葉酸の所要量をしっかり摂るためには上手にサプリメントなどを使っていきましょう。