葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたこと

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。

言うまでもありませんが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。

妊娠初期に特に多く摂りたいと、葉酸という栄養素は広く知られています。

さて、葉酸を多く含む食品というとその名の通り、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いのです。

意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。

海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので毎日の献立の中に入れていき、積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので間食で果物を食べたければ、イチゴにしましょう。

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。

妊活中の女性において、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。

どのようなものがお勧めかと言うと、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。

葉酸の成分には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

他には、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。

ですので、夫婦どちらに対しても大切なサプリであると言えますね。

葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに豊富だとされますが、葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、所要量を満たすのは結構難しいことです。

とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては日々の食事に頼ってたくさん摂ろうと考えるのではなく、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。

食生活や他に飲んでいる薬など、様々な要因を考え合わせた上で、自分なりのやり方で葉酸の所要量を満たすことを目指してください。

赤ちゃんがお腹にいる女性なら、すこやかな子供の発育のためにぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。

「葉」がつくくらいですから、葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、供給源として重要なのが果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。

妊娠中は、通常のほぼ倍にあたる量の葉酸を必要とするので葉酸が豊富な食材について調べ、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。