読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、妊娠初期に特に重要な栄養素として知られていま

葉酸は、妊娠初期に特に重要な栄養素として知られています。

どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。

葉酸が豊富に含まれる食材は何かわからなくて不安、知っているけど十分な量は摂れないというプレッシャーを感じるなら、青汁の他、栄養補助食品で上手に摂取すれば良いのです。

赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。

とりわけ妊娠初期に強化したいと、一般に知られているのが葉酸です。

食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うとほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。

加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。

葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、毎日の献立の中に入れていき、欠かさず食べられると理想的です。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので他の栄養素を摂るためにも、おやつにおすすめできます。

妊活をしている時は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温める作用があります。

それに対して、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏に収穫される野菜類です。

果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないのであたたかい飲み物がベターです。

不妊かなと思ったときには、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。

簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意点もあるので、きちんと守っていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。

妊娠中の女性にとって重要な栄養素の葉酸が、ゴーヤーには多く含まれているのはご存じでしょうか。

葉酸だけでなく、他の栄養素も豊富なので上手にゴーヤーを食べて欲しいと思いますが、どんなに食べても良いというわけではないのです。

ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、胃もたれや下痢と言った身体の不調が出る可能性もあります。

そうした消化器系の不調は胎児にとってもストレスになるでしょう。