読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊の要因としては、子宮着床障害のほかに排卵障害

不妊の要因としては、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性由来の場合と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性のほうに起因するものが考えられます。

もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。

女性のみならず男性も検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

妊娠を望む女性にとって、できるだけ体の冷えは回避したいものです。

その主な理由は、冷えに伴う血行不良によって子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるおそれがあるからです。

冷えの放置は厳禁です。

冷えに悩まれている女性は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を冷やさないように工夫して、体に溜まった冷えをとって血行が良くなるように努力しましょう。

実際に妊娠してから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん構いません。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするもので当然、必ず成果が表れるものではありません。

そういうわけで、ギブアップする人も少なくありませんが、これは大変もったいないと思います。

成功確率は上昇していると言えますからそんなに深く考えずに、ゆっくりと続けてみましょう。

栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していくべき、重要な栄養素なのです。

多くの製薬会社や健康食品会社で葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、注意しなければならないのは、買うときに葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。

身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の安心して摂れる製品を選んでください。