読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中で

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などのいわゆる青菜のものが多いです。

病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を推奨します。

いよいよ赤ちゃんが来たとわかったら、葉酸を意識して摂らなければなりません。

十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の発育も手助けされますし、母体の健康を助けるためにも必要な栄養素です。

葉酸はどうしても、普段の食事だけではなかなか摂取できません。

食事だけでは摂りにくい分は必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。

なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。

平均体温と基礎体温は違います。

基礎体温を見ると女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意事項もありますから、きちんと守っていくことが大事です。

最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。

なかなか妊活の結果が出ないと、心身ともに耗弱してしまいます。

ストレスがあることにより生殖機能が低下させられますので、そのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

それ故、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

本当に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。

自身の年齢も考慮に入れ、担当医ともよく話し合ったうえで、少しだけ休止してみてはどうでしょうか。

ここ数年、妊活の一環として、お灸が注目されつつあります。

伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスして副作用を持たないという点もいいですね。

体には妊活に効くと言われているツボもたくさんあり、自宅で出来るお灸製品も販売されとても気軽にできるようです。

良かったらトライしてみませんか。