葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活なんて聞くと、女性側が実践するものが

妊活なんて聞くと、女性側が実践するものがよく紹介されています。

しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それが葉酸の摂取です。

流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。

特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

なかなか妊娠に繋がらないと、心も体も疲弊していきます。

生殖機能はストレスの影響を受けて弱くなりやすく、ずっと続けていると悪循環になってしまうかもしれません。

ですから、いっそのこと妊活を休むのもいいかもしれません。

現実に、妊活を休んですぐ妊娠できたという場合も多いです。

年齢的な制限を考えながらお医者さんにも相談を行って、ちょっとお休みすることも賢明かもしれませんよ。

妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いと知っている方が多くなりましたが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、受精率や着床率が上がるといわれているのです。

受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、葉酸が大量に使われます。

ということは、妊娠の成立にも葉酸は必要になりますし、生まれてくるまでの赤ちゃんにとっても絶対欠かせない栄養素なので、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。

調査の結果によると、女性の多数が、自分のことを冷え性だと認識しているということが分かっています。

妊活中の冷えは本当に禁物で、冷え性の改善ということも妊活において最も重要なことの一つです。

そんな時、冷えを改善させる効果があるのは、腹巻や冷え取り靴下といったグッズです。

これらを使ったことで妊娠することが出来たという声もあり、簡単であり、なおかつ効果のある妊活と言ってよいと思います。

妊娠して、葉酸をたくさん摂らなければと思っている方が意外に多いようです。

まず知っておいて欲しいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

葉酸と名付けられているくらいですから、野菜の中でも葉物に多いとされます。

意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。

妊娠の診断を受けたのが夏だったため、お医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

食物繊維もたくさん摂れるので、便秘にも良いようです。