読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない

ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が豊富に含まれています。

妊娠中、葉酸を摂るためにゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、どんなに食べても良いというわけではないのです。

どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べるとお腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が起きることもあります。

そうした消化器系の不調は胎児にとってもストレスになるでしょう。

妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

ベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。

やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。

妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。

だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

いろいろな事情でそれが難しければ、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは葉酸を強化して摂るようにしましょう。

葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。

お母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう絶えず注意を払ってください。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、指示された用法を守って摂取するようにしてください。

妊娠を希望する方や計画している方が、気を付けてほしい事は、食事ですね。

妊活をしている方ならば、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。

忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。

出来るだけ早く胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。