読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

サプリや錠剤で、妊娠初期に葉酸を多めに摂

サプリや錠剤で、妊娠初期に葉酸を多めに摂るべきとは、よく聞かれます。

それに加えて、妊娠の1ヶ月前から多めに葉酸を摂っていく方がベターだと知っていましたか?ということは、妊娠を考え始めたときが意識して毎日葉酸を摂り始めたい時期だと思ってください。

赤ちゃんに来て欲しいと思ったらまず葉酸の摂取からですね。

妊娠中に葉酸が不足すると赤ちゃんの順調な成長が妨げられる心配があるのです。

先天性異常のうちでも、神経管閉鎖障害を生じる可能性がありこれが重篤だと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。

障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので妊娠初期のうちに葉酸をしっかり摂っていくことが必要です。

ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が思いの外豊富です。

食事の中で効率よく葉酸を摂るためにゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、どんなに食べても良いというわけではないのです。

極端なゴーヤーの摂取によって、何となく胃がもたれる、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ不調が現れる人もいるそうです。

そうした消化器系の不調は母体だけでなく胎児にも良いことではありません。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。

それは吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。

一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時に葉酸サプリを活用すれば、摂取量もすぐに分かりますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。

妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期です。

だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。

そんなに長い期間と言われそうですが、少なくとも妊娠中期の終わりまでは葉酸を多く摂るよう心がけてください。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので栄養のアンバランスを招かないように意識的に摂ることが必要とされています。