読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

徐々に暑さが厳しくなってくると何気なくグッと飲める冷

徐々に暑さが厳しくなってくると何気なくグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、妊活の最中は、いつにも増して極力冷たい飲み物は避けるほうがベターだと言えるでしょう。

反対に、温まる飲み物を飲むと血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。

飲み物のみならず、生活全体を通していつも体を温かくするよう気を付けましょう。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、葉酸は妊婦さんに広く知られています。

妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかというやや厳しい指摘があります。

と言うのも、妊娠に気づく前から継続して葉酸を多く摂っておくことが順調な発育のために欠かせないからです。

そのためには、赤ちゃんが欲しいと思ったら意識して葉酸を摂っていくことが摂取による効果を考えると大事でしょう。

妊活と一言で言っても、妊娠という生命の神秘をコントロールしようというものなので、絶対にいい結果に至るとは限らないのです。

それゆえ、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、それは大変残念なことだと感じます。

妊娠の可能性は上昇しているはずなのでそこまで落ち込まずに、自分のペースで続けてください。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

これを野菜だけで摂取するのはあまり現実的ではありません。

ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。

妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。