葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリで

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリで葉酸を摂るようになったのです。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせき立てられたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては最後まで何も言われなかったのです。

1袋空いたところで良いかと思い、それきり全く飲みませんでした。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、あわてて葉酸サプリを再開しました。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。

こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血に必須の栄養素です。

これは不妊体質の改善にも効果があり、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすくなるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

葉酸で血液が増産されると、新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモンバランスが良くなり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。

妊娠を望む方や妊活中の女性にとって重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。

日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。

この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中に新しい命を授かっています。

出来るだけ早く胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。

東洋医学の漢方は妊活のためにも活用されています。

漢方の持つ体質改善効果により妊娠しやすい体づくりに有効です。

近頃は薬局でも販売されていて、どなたでも手に入れることが出来ます。

費用が心配だという方には、漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。

診察を受ける必要がありますが、保険を使った支払いとなります。