読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を考えていて煙草を吸っている方

妊娠を考えていて煙草を吸っている方は、今すぐに止めてください。

皆さんご存知のように、煙草を吸う事で体へ強く影響し健全な妊娠に差し障る場合があります。

喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性にも該当します。

女性は排卵障害、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。

ですので、妊活中の方はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

自治体から助成金が支給されますが、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされるケースが多いです。

私は40歳以上の人こそ給付回数は減らすべきでないと思うんです。

かくいう自分もアラフォーですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、ストレスも限界です。

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。

ドラッグストアや薬局で購入可能な鎮静剤や胃腸薬の類の場合、妊活中であっても服用に問題はありません。

しかし、確認が必要になるのは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。

とはいえ、副作用のリスクは避けられませんから、薬の種類に限らず、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心ですので、参考にしてみてください。

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

本当にサプリメントが効くのかと思ってみていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」という意見でした。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思って妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。

何が大きく変わったと言うこともありませんが、強いて言えば二日酔いの症状が軽くなって、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。

実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。

それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも構いません。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。

例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。