葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば

お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸の摂取が必要です。

葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。

葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などに豊富に含まれています。

市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますので野菜が足りていないと思う方や野菜を避けてしまう方には特に良いでしょう。

むかし流産しています。

その時は自分を責めて苦しかったのですが、だいたい一年位たってから、もう一度、チャレンジしてみようとそこから妊活を始めました。

サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動で体の調子を整えることにしました。

運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性が改善したんです。

女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと胎児に異常や障害が起こる原因となる心配があるのです。

神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を生じる可能性がありこれが重篤だと無脳症になるため流産や死産に至ります。

発育を阻害する要因を取り除くためにも葉酸は妊娠の判明後すぐにしっかり摂っていくことが必要です。

私は妊活中にはカイロがかなり使えると思います。

靴下を2足重ねて履いてみたり、インナーに分厚いものを選んでみたりと、あれこれ試行錯誤しても、冷え性に悩まされている私は工夫した甲斐もなく体の末端がすぐに冷えてしまうのでした。

これでは妊娠も難しいですよね。

しかし、カイロを使うことによって、冷え性が改善したのです!皮膚への直貼りはだめですが、肌着や腹巻きの上から貼る使い方なら、妊活にたいへんおすすめです。

ビタミンの中でも、妊娠中に特に重要な葉酸が、ゴーヤーに思いの外豊富です。

食事の中で効率よく葉酸を摂るためにゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、一度にたくさん食べないよう注意してください。

極端なゴーヤーの摂取によって、お腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が出てくることもあるようです。

身体の不調が続くと、胎児にとってもストレスになるでしょう。