読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省が正式に妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。

葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。

ですので、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法にポイントがあります。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。

初めての妊娠に気づいたときから身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

とりわけ妊娠初期は注意しなさいと何度も実家や病院で聞いていたためです。

多くの本や雑誌、インターネット上の記事に積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたのでサプリメントで、葉酸を補うことにしました。

思うように食べられないときもありましたが、そんなときもサプリメントは飲めたので葉酸を欠かさず摂れたのは良かったと思います。

妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。

その摂取をいつまで続ければいいのかと言えば、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

もしそこまで長く摂れないようであれば、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体にも重要な役割を果たす栄養素なので欠乏による病気や不調を起こさないようにがんばって摂るのが望ましいのです。

水溶性ビタミンとして、葉酸は水に溶けやすい特長があります。

そして、熱に弱いのも特長なのでどのように調理するかによって半分以下の量しか摂れないこともあるわけです。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのはなかなか難しいですよね。

そう考えていくと、調理する上で長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。