葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方はビタミンの中でも

妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方はビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。

葉酸といえば、胎児がすこやかに育つのを助け、細胞分裂を促進する効果があるのです。

葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにも含まれていることは知られていますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜をたくさん食べられない方や野菜を避けてしまう方にはぜひとも使って欲しいものです。

妊娠しやすい体を作る食べ物は、おとうふや納豆、魚などがあります。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。

ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良くさまざまな食材をとるのが理想的です。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。

産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。

ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も多いと思います。

もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、普段の食事でもある程度の葉酸は補給できています。

葉酸が不足するからと言われ、サプリメントは妊娠初期から欠かすことなく飲んでいました。

妊娠中期に入った頃、突然、これからはカルシウムも摂らなければならないと気づいて毎日たくさんの牛乳を飲みました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようでお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤を飲む羽目になりましたが、結果的には、始めからカルシウムや鉄分が入っているサプリを探して飲むべきでしたね。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。

同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。

検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。

排卵誘発剤の処方を受けると、そう時間をおかず妊娠することができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。