読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。

その理由は、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

この話はもちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けてください。

赤ちゃんが欲しいと思っている方は必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、中でも葉酸が足りないことで、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。

そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので毎日補充しないと不足してしまう性質を持った栄養素なのです。

その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどからもたくさん摂取できるため、意識して毎日食べるようにすると、葉酸不足に陥ることは少なくなります。

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。

妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。

妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。

しかし、母体の健康を維持するためにもとても大事な栄養成分ですから、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸が有効だといわれています。

葉酸といえば、胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。

葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにもたくさん含まれますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜不足を気にされている方や野菜を避けてしまう方には特に良いでしょう。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

妊娠初期は特に注意が必要だと全く同じことを母と医師が言っていたからです。

様々なネットのサイトや雑誌などで積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたので葉酸サプリメントの購入を決め、すぐに飲み始めました。

食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリメントは栄養補助食品と書かれており、葉酸を欠かさず摂れたのは良かったと思います。