読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学

妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。

多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。

葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、義妹や姉のところに子供ができると、自分はどうなのだろうと不安になりました。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方を受けると、二周期ほどで妊娠できました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。

もっと早く来たかったですね。

とりわけ妊娠初期に強化したいと言われるのが、葉酸というビタミンです。

食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。

加工食品の中では、納豆に多く含まれます。

また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。

毎日、少しずつでも意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

イチゴは葉酸を含む食材として知られており、間食に取り入れて欲しいものです。

妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。

選ぶ基準としては、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。

葉酸が持つ効果としては、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。

それに、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。

それから、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも多くの効果が見込めるサプリだという事です。

妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。

葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、いかに大切な栄養素であっても、適切な摂取が必要です。

中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

葉酸の過剰摂取によって、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。