葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

特に妊娠初期には、胎児の発育を

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。

妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかという厳しい意見もあります。

葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが赤ちゃんの順調な発育のためには大事なことだからです。

ですから、妊娠を考えたときから多めに葉酸を摂ることが摂取による効果を考えると大事でしょう。

妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。

それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うでしょうが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。

いろいろな事情でそれが難しければ、少なくとも妊娠中期の終わりまでは葉酸を強化して摂るようにしましょう。

なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなくお母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので欠乏による病気や不調を起こさないように意識的に摂ることが必要とされています。

ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していく必要があるくらい大事なものです。

本当にたくさんのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、必ず行って欲しいのは、購入時に葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。

身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の体に害を及ぼさない製品にしましょう。

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、倍近くの量である480μgを毎日摂取すると葉酸不足には陥りません。

しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の摂りすぎの害も知られています。

所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を起こす危険もあるとされるので、くれぐれも摂りすぎにならないようにしてください。

そろそろ赤ちゃんを、というときぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのにはこの栄養素がどうしても必要なので、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。

葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。