読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

とりわけ女性に関しては、妊活中にお酒を飲むことがないよ

とりわけ女性に関しては、妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。

理由はなんなのかというと妊活中はいつ妊娠が発覚するか分からないので妊娠しているという認識がまだない時期に、アルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。

それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、体を冷やすおそれもあるので妊娠しやすい状態であるためには避けた方がよいでしょう。

妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにとりわけハーブティーがよく飲まれることがあるようです。

その一つの理由は、体にとっていい効果があるためです。

代表的なものを挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。

また、リラックス効果を得ることにも役立ちます。

妊活している時はストレスを溜めないのが一番ですが、それを解消してくれるのです。

妊活というものはつらいことも多々あるため心身ともに打たれ弱くなってしまいます。

なかなか妊娠に繋がらないと、中にはうつ症状が出る人もいます。

ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。

事実、不妊治療をしなくなって過度にかかっていたストレスが消えて自然と妊娠できたという人は少なくありません。

逆に妊活を行うことが重荷にならないよう意識的にストレスを解消しながら続けましょう。

妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。

特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は重要な効果です。

こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが大切です。

例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単だと思いますから、ぜひサプリを活用してみてください。

妊活をしている時は、習慣的に飲む物にも配慮が必要です。

成分にカフェインを含む飲み物は着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので妊活時の飲み物としては適していません。

代わりに飲むのなら、体を温める作用があるお茶で、カフェインが入っていないものを飲むのがいいです。

成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方としても知られているたんぽぽ茶などがおすすめです。