葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障

不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性のほうに起因するものが考えられます。

もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、両親ともに受診して検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。

2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら3年経過しても妊娠しなかったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。

長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこの機会に洗いざらい調べてもらい、何もみつからなければ妊活し始めようと夫婦間で合意したのですが、ふと考えるとこの話し合いが私の妊活の始まりでした。

少しでも早く子供を授かりたくて妊活を行う時、栄養をしっかりと取ることは重要です。

「太り過ぎ」までいくと問題ですがダイエットはひとまず控え、栄養摂取をしっかりと行いましょう。

おやつは「栄養補給のため」と考えて、食べ過ぎに気を付ければ、ストレスから解放されるためにも適しているでしょう。

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸はとても関わり合いの深いものですよね。

それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

当たり前ですが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。

妊娠初期には積極的に摂って欲しいと言われるのが、葉酸というビタミンです。

さて、葉酸を多く含む食品というとその名の通り、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いのです。

意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。

海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので食生活の中に上手に取り入れ、継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。

果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いので間食に取り入れて欲しいものです。