読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊治療でかかる費用ってばかにならな

不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす場合がほとんどです。

治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、疲れきっています。

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。

ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、摂取をお勧めします。

アロマには心身のバランスを良くする作用があり、この頃は妊活にも役立てられています。

待合室にアロマを使っているような病院さえ登場しているぐらいです。

アロマのうちでもローズは妊活をしている女性には人気の香りの一つです。

ホルモンバランスを適正に保ち、ストレスを解消してくれるという効果が期待できます。

心配事を打ち消して、妊娠するのに重要な女性ホルモンの分泌を促進するイランイランも妊活には効果的でしょう。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。

では、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。

実際にはそれは違います。

お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が重要な期間だという事です。

ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

赤ちゃんがお腹にいる女性なら、胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。

何といっても「葉」なのでキャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、意外な供給源は果物で、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないためどの食材にどのくらい葉酸が含まれるかを知り、毎食、確実に摂れると良いですね。