読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を考えていて煙草を吸っている方は

妊娠を考えていて煙草を吸っている方は、今すぐに止めてください。

妊活中に煙草を吸うと、様々な悪影響が体に与えられ健全な妊娠に差し障る場合があります。

喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性にも当てはまるのです。

喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。

こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。

今現在、妊活真っ只中という人は少しでも早い時期に妊娠したいと思っておられるのではないかと思います。

基礎体温を記録すること、または体の冷えを防止することのようなベーシックなことはもう実行されていると思います。

妊活を風水的にみてみると、たくさん実るザクロの絵を寝室の北側に飾ると妊娠に効果があると言われています。

さらに、寝室が北にあるとますます効果的だということです。

赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だと広く知られるようになりましたが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。

妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、葉酸が大量に使われます。

なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、もちろん胎児の発育にとっても絶対欠かせない栄養素なので、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。

子供を授かりたいと思うならば毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、中でも葉酸が足りないことで、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。

そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので体内に蓄積されにくい宿命を持つ栄養素でもあります。

例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。

胃腸薬や痛みどめなど、市販されているものであれば妊活中であっても服用に問題はありません。

しかし、気を付けていただきたいのは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。

しかし、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが良いでしょう。