読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発育に欠

ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発育に欠かすことができません。

妊娠中、母子ともに葉酸がたくさん必要なのはもちろんですが、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。

胎児の細胞分裂は妊娠初期に最も盛んであり、そこで葉酸が重要な役割を果たすので、妊娠したいと思うならば、その時から意識して葉酸を摂るようにするとより効果は上がると言えます。

通常時はともかく、妊娠すると食事だけで葉酸の必要量を確保することは難しいため、効率よく摂るためには、サプリなどを上手に使った方が良いのです。

妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも構いません。

一方で、葉酸は様々に活躍してくれます。

例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、葉酸の摂取を続けることで母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。

平均体温と基礎体温は違います。

基礎体温を見ると体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。

さて、基礎体温表を作るにあたっては、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというお約束がありますから、それに従って毎日続けるのが大切です。

もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。

妊活中に黒豆茶を摂取することは、大変良い組み合わせなのです。

理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活中であっても問題なく飲むことができますよね。

それに、黒豆茶に含有しているイソフラボンが女性ホルモンに近い働きをするからです。

ご存知のように、イソフラボンは十分に摂取することで肉体的にも精神的にも、バランスを図ってくれますので、積極的に温めた黒豆茶を飲みましょう。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。

産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も多いと思います。

もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

ですから普段食べる機会の多い肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、普通の食事を摂っていたならば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。