葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

果物と野菜の両方の特長を併せ

果物と野菜の両方の特長を併せ持ったアボカドは実にクリーミーですが、炭水化物や植物性脂肪の他、葉酸が含有量が多いのです。

毎日健康に過ごすために、葉酸の摂取は大事な役割を果たすものです。

良質の赤血球を増やし貧血を防ぐ、そして赤ちゃんがお腹にいるときは効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、どんな人にも大事な栄養素だと言えます。

妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためによく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。

その一つの理由は、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。

挙げられるものとしては、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。

また、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。

妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがその解消が期待できます。

近年の日本における先天性奇形の発生率は全体の約4%というのが平均的な数値です。

奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが最近有名になってきた葉酸です。

胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって絶対欠かせない栄養素と言っても言いすぎることはありません。

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。

赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。

とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。

そんな時には他の食材で補っても構いません。

例えば納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。

ほんの少しでも早い時期に子供を授かりたくて妊活を行う時、栄養をしっかりと取ることは重要です。

「太り過ぎ」までいくと問題ですが痩せたいという思いは置いておいて「栄養をしっかり摂るぞ」と考えるようにしてください。

多少の間食も栄養のために食べると認識して食べ過ぎに気を付ければ、ストレスを解消するという意味でも有効です。