葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

妊娠を希望している女性だけでなく、男性が摂取した場合、精子が活性化することを助けてくれるんですね。

妊娠はどちらか一人ではできません。

元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみるのが良いと思います。

治療段階で判明する不妊の原因というと、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側要因と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性のほうに起因するものが挙げられるでしょう。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。

不妊対策をしたいと思ったら、男女ともに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

検査を受けて不妊症が判明し、そこから妊活に入る場合には、妊活も長期化しすぎると、精神的負担が大きくなりやすいです。

ですので、あらかじめ期間を決めておいて、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうと最初にしっかり話し合っておくことがいい形かもしれません。

期間を定めておくことによって、二人で悩みながらも決めたことなので諦めずに取り組もうという前向きな気持ちが続くでしょう。

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なく無いそうです。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。

2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希望して3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分か主人のどちらかに健康状態に問題があるのでは、と疑いだしました。

最初の子をしっかりと育てるためにも長生きする必要がありますし、これをチャンスと捉え細かく検査をしてもらい、問題なしであれば妊活に入りましょうと夫婦間で合意したのですが、今思ってみればこの話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。