読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ここ数年でずいぶん知られるようにな

ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。

赤ちゃんは生まれてくると、全身で細胞分裂が盛んに行われて、急激な発達を遂げます。

そこで葉酸が使われることは言うまでもありません。

加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

妊娠してから時間をおいて、葉酸が不足気味だったと知った場合、一日でも早く葉酸摂取を始めてください。

胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるには生まれるまで葉酸を摂っていくことが理想的です。

様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、これまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたらすぐに動き始めて不足分を補う量の葉酸を摂るようにできる手段をとっていきましょう。

妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。

薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては妊活中であっても服用に問題はありません。

しかし、確認が必要になるのは持病に対する医者からの処方箋の服用です。

とはいえ、副作用のリスクは避けられませんから、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は妊活中であることを医師や薬剤師に伝えたうえで服用のアドバイスをもらうのが良いでしょう。

栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは大変良いことは、ご存知かと思います。

でも、どうせ摂取するならば、より妊活のためになるような果物の摂取ができたら一番良いのではないでしょうか。

ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。

例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、生の状態でももちろん、加工されたドライフルーツでも良いですから、ぜひ積極的に摂取してみてください。

不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。

また、周囲の期待感や気遣い、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになるケースもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。