葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの一種である葉酸は通常の摂

ビタミンの一種である葉酸は通常の摂取量より多く、妊娠初期に摂ると胎児の細胞分裂を促すといった成長を側面から助ける効果があるのは一般に知られています。

ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、枝豆などの食材に、葉酸が豊富に含まれるのですが、サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、女性は妊娠を考えたときから、妊娠中まで、毎日コツコツ摂取することをおすすめします。

レバーやほうれん草なら、葉酸が豊富だとされますが、そればかり毎日食べるのもあり得ないことで、ちょっとのことで摂取不足になってしまいます。

所要量の葉酸を毎日摂りたいと思えば、日々の食事に頼って必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。

葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。

水溶性ビタミンとして、葉酸は食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。

そして、熱に弱いのも特長なのでうまく調理していかないと半分以下の量しか摂れないこともあるわけです。

けれども、生の食材を大量に食べるのはとても現実的ではありません。

このことを踏まえるなら、調理中も長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。

妊活中であるにもかかわらず、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。

皆さんコーヒーにカフェインが含まれているのはご存じだと思いますが、体を冷やしてしまうという効果を持ちます。

体が冷えることによって血液循環が悪くなると、妊娠するのに大切な、子宮の機能も下がってしまいます。

たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、摂取は控えめにした方がいいでしょう。

妊娠する前の段階で葉酸を摂取するように、と雑誌に書いてありました。

葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から大切な栄養素だそうです。

ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを利用すればお勧めだそうです。

安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、充実した妊活ライフにしたいと思っています。