読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共

妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。

このことは何を意味しているかというと、妊活における男性の役割は大変重要だということを表しています。

実際に子供を産むというのが女性だからといって、もしかすると、妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、男性の頑張りが足りなければ妊活が成功する確率は低下してしまいます。

赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だと誰でも知っていますが、妊娠前に葉酸を摂取すると受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。

受精から着床を終えるまでの間に細胞分裂が盛んに行われるため、多くの葉酸を使わなければなりません。

従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、もちろん胎児の発育にとってもたくさん必要な栄養素のため、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。

私も好きなのですが、妊活中でも、コーヒーのような飲み物が好きで、飲む習慣がある方は注意してください。

コーヒーに含まれているカフェインというものは、その作用の一つに「体を冷やす」というものがあります。

体内の冷えというものは血行不良を招いてしまい、妊娠するのに大切な、子宮の動きが悪くなってしまいます。

コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。

妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活を見なおしてみるのは一つの手かもしれません。

卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、乱れた食習慣を続けていては卵子精子の活発さは、期待しにくいでしょう。

妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。

健康的な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素なんですよね。

日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも辛い時もありますよね。

そうした場合、無理な食事は厳禁です。

葉酸の摂取は葉酸サプリ等を利用すれば理想的な量の葉酸を補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。