葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参って

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。

私は40歳以上の人こそ給付回数は減らすべきでないと思うんです。

かくいう自分もアラフォーですし、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。

下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、これをチャンスと捉え体をくまなく検査してもらい、問題なしであれば妊活に入りましょうと二人で話し合って決断したのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが妊活を決めた瞬間になります。

妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方は葉酸の摂取が必要です。

葉酸といえば、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。

葉酸はその名の通り野菜から摂取するもので、葉物の他、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにも含まれていることは知られていますが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますので野菜をたくさん食べられない方や野菜を避けてしまう方には特に良いでしょう。

「妊活」、それは命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、当然、必ず結果がついてくるとは限りません。

それゆえ、断念してしまうこともあるのですが残念なことだと言えます。

成功確率は上がっているので、そこまで落ち込まずに、ゆっくりと続けてみましょう。

妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、まずはきちんと産婦人科などに行って一通りの検査を受けるようにしましょう。

特に異常が発見されなくても妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、排卵周期を整え、妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスも受けられますから、妊娠が発覚する前段階で自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。