葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育を

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

厚生労働省の発表によりますと、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

お腹に赤ちゃんがいることで、母体の気持ちや毎日の生活が変わることもあるでしょう。

そこで変化で身体がストレスを感じ、結果として自律神経が変調を起こすことがあるかもしれません。

妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが生じるというのが定説ですが、ストレスによる自律神経の不調が原因となるケースもあるとされています。

ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整えるように作用するのでつわりの軽減も期待できるわけです。

妊娠してから時間をおいて、葉酸摂取の重要性に気づいたとすれば、手遅れと言うことはありません。

早急に手を打ってください。

胎児の発育を順調に進め、出産までこぎ着けるためにとても重要な役割を果たすのが葉酸です。

それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、もっと葉酸を摂らなければならないと思ったら、どんな手を使ってでも葉酸を十分摂取できるように対策を考え、手を打たなければなりません。

子供を授かるために妊活に努める方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。

例を挙げると、鎌倉所在の長谷寺は子宝と関係があり、このお寺で扱われているお守りは、妊活の疲れを癒し、気分を落ち着かせることができるでしょう。

また、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、さまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、身体には本当に気を遣いました。

初期の間こそ、身体に気をつけなさいと母も医師も同じことを言っていたからです。

インターネットでも、雑誌の記事でも葉酸は赤ちゃんの発育にとって大事と書いてあったのですぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。

食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリメントは栄養補助食品と書かれており、どんなときでも葉酸が摂れたのは良かったです。