葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠しにくいと思うなら、冷え性

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。

体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

血行不順を緩和して自律神経に働きかけ、ストレスを和らげる効果もあります。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

妊娠が発覚した後、葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。

では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、葉酸の摂取を続けることで身体を健康的に保つことをおススメします。

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

水溶性ビタミンの一つである葉酸は、十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。

妊娠が発覚してから、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。

葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをお勧めします。

葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離せない関係の二つです。

その理由は、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。