葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

毎日多忙な妊活中の女性に脚光を浴びているのが、

毎日多忙な妊活中の女性に脚光を浴びているのが、妊活アプリなるものです。

面倒な基礎体温の記録ができたり、排卵日がいつなのか予測してくれたりと、上手くアプリを活用することで役立つツールとなります。

女性のみかと思われるかもしれませんが、中には男性向けに作られたアプリも登場しています。

妊娠しやすいのはいつなのか予想を立てられるものもあるので上手く男性に理解してもらうことが出来ると思います。

真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。

そうすると、そもそも妊娠のために十分な体なのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを早めに確認できるので、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。

検査を受けると安心感がありますし、赤ちゃんの健康を考えた上でも大切な検査ですから、検査を受けない理由はないと思います。

水溶性ビタミンである葉酸は吸収率が空腹時に高まることとなり効率よく葉酸を摂ろうと思ったら食間だというべきでしょう。

一度にたくさん摂って一日分の量を満たそうとするより、上手に分けて摂った方が効果を発揮できるといわれています。

一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話が広く知られるようになりました。

赤ちゃんが順調に発育するために必要になるだけでなく、母体の貧血や妊娠中毒症を防ぐためにも必要な栄養素として認識されています。

どの時期に、葉酸が最も必要になるか聞かれるとなかなかわからないものです。

葉酸の需要は、妊娠直後がピークだと言えます。

その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、出産後も多めに摂っていくようにしましょう。

妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは広く知られてきたことですが、実際は妊娠の全期間にわたって葉酸は母子ともに欠かせない栄養素の一つなのです。

出産まで、葉酸は胎児の発育を助けますし、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。

妊娠初期だけで終わらせるのではなく、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで継続して摂っていくべきです。