読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が出生数に対して、およそ4%です。

高齢出産などがその要因に挙げられますがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が最近有名になってきた葉酸です。

とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠している女性には、葉酸が特に必須のビタミンだと断言しても言いすぎることはありません。

妊活中であっても、コーヒーなどといった飲み物がお好きで、飲み続けている方は注意が必要です。

皆さんコーヒーにカフェインが含まれているのはご存じだと思いますが、体を冷やします。

冷えてしまうと血行不良になってしまい、妊娠の際に重要な子宮機能の低下の一因となります。

コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、摂取は控えめにした方がいいでしょう。

一見すると無関係なように感じますが、実は妊娠と歯の健康とには大変深い関係性があるのです。

日々の絶え間ない研究の成果により、歯周病は早産や低体重児出産の発生のリスク因子であることが明らかになったのです。

妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。

妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方は今のうちに治療を受けた方がいいと思います。

子供の発育を助け、先天性障害の発生リスクを抑える栄養素として妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。

妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかという指摘をする方もいます。

その理由は、妊娠初期こそ葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが胎児の発育にとって重要となるためです。

ですから、妊娠を考えたときから葉酸を摂り始めることが女性に求められているのです。

一口に葉酸の摂取といいますがいくつか考えられるでしょう。

誰でもすぐひらめくのは日々の食事から摂取することです。

現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのは妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。

毎日きちんと葉酸を摂るためにもサプリなどを併用する方が現実的です。

もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。