葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

今、二人子供がいます。二人目の

今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。

一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。

葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠初期から多めに摂っていく必要があるくらい大事なものです。

どこの製薬会社や健康食品会社からも葉酸を強化した製品が販売されていますが、購入時に気をつけなくてはならないのは葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。

妊娠初期に口にするものは気をつけなければならないので不要な添加物や香料が入っていない安全性が高い製品を選ぶのが正解です。

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。

妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。

十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。

そんな時には納豆や貝類を食べるのをお勧めします。

葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。

ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療とあいまってストレスになるケースもあり、相当悩んでいる人もいるのです。

穏やかな気持ちで治療を続けることは妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。

強化して葉酸を摂取したいとするとその方法は実に多様です。

誰でもすぐひらめくのは日々の食事から摂取することです。

ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのはよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。

効率的な葉酸の摂取という面からみても、上手にサプリメントなどを取り入れていきましょう。

食事の後に服用できれば、最も効果的だといわれています。