読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしよう

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。

こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。

ですから妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。

ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

赤ちゃんがお腹にいる方にとって葉酸の摂取はとても大事です。

葉酸という名の通り、葉物を中心とした緑黄色野菜に豊富に含まれています。

よく知られている食材としては枝豆、ほうれん草などでしょう。

ほうれん草はさらに、母体と胎児のため、葉酸とともに摂取したい鉄分を豊富に含んでいるため、積極的に食べたい野菜の一つです。

葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はずいぶん定着してきました。

母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、妊娠中の女性の健康を維持するためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。

一番必要なのはいつなのかとわからなくなってしまうかもしれません。

妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。

しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、妊娠中と同じくらいの量を摂るようにしましょう。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

基礎体温はつけていたんですけど、授かることができず、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の処方を受けると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

ストレスも原因だったのかなと思います。

早めに受診するべきでしたね。

赤ちゃんとお母さんのために、葉酸は必要な栄養素だというのはもはや常識ですが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、精子卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。

妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。

ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、赤ちゃんが順調に発育する過程でも葉酸を欠かすことはできないので、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。