読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

私の妻は、妊娠してからずっと葉

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたがそんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「男性が飲んでも意味がない。

妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」ときっぱり言われたのです。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。

たちまち効果が出るわけではありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。

妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減すると知られています。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。

実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えばいくつか考えられるでしょう。

最もスタンダードで、誰でもできるのは葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。

けれども、葉酸は熱に弱いので妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。

必要な葉酸を確実に摂りたいならば、サプリメントなどを上手く活用したいものです。

食事の後に服用できれば、最も効果的だといわれています。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も少なくないですよね。

実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

妊活中におススメなお茶では、ルイボスティータンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

これらはカフェインが含有されていませんので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。